女性の出産後の抜け毛

女性特有の抜け毛の症状として、出産後の抜け毛があります。
妊娠中、お腹の子供に栄養を取られ、妊娠後期にはエストロゲン
(卵胞ホルモンとも呼ばれ、排卵の準備を行うホルモン)などの
女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に
休止期に入ってしまうために、出産後に抜け毛が多くなっていき、
髪が薄くなってしまいます。これが分娩後脱毛症といわれるものです。

産後のホルモンの変化が頭皮にも影響を与え抜け毛の他、パサツキ、
白髪、フケ、カユミなどの症状として現れたりします。子供を産んだあと、
約6割の女性が経験するようですが、産後はホルモン分泌も元の状態に
戻るため、産後3ヶ月〜6ヶ月の間に起きる現象で、急に抜け毛が増える
ため不安になる女性が多いようです。しかし、大抵はしばらくすれば
収まるようです。

しばらくすればまた元に戻るものですから、あまり慌てたりはせずに、
カルシウムなどを多く摂取することを心がけることでしょう。
産後のケアが悪いと、これを機に本格的な脱毛症が発症する場合も
あるので、抜け毛が治まらない時には専門家に相談した方が良いで
しょう。要は、出産に伴い、抜け毛が多く出ても、あまり気にせず、
日常の体の健康に気を配れば、自然に回復することを頭に入れて
おけば良いでしょう。

良質のたんぱく質やビタミン・亜鉛を摂取し髪の成長・健康維持を
助ける。充分な睡眠をとる。冷え症による首や肩のコリを解消する。
趣味などで気分転換を図り、ストレスと上手に付き合う・・・。
こうした日常の心がけで、出産に伴う抜け毛も、すぐに気にならない
ようになることでしょう。

[PR]第二新卒でグランドスタッフへ転職したいなら

当サイト人気コンテンツ

■ 効果的なサプリメント
■ 専門家への相談
■ 専門家の対処方法
■ あせらず、じっくりと
■ 出産後の抜け毛

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 抜け毛の予防・対策 総合情報. All Rights Reserved.