常勤の医局勤務の医師の年収は?

医師の収入は、比較的高収入のイメージが強く、日本国内では、弁護士と同様に年収が高いものと考えられています。常勤の医師の情報サイトなどをみてもよくわかりますね。 しかし、実際は、医師という職業をする医療に携わる医師の中でも年収がおおよそ300万円〜600万円クラスの医師も存在し、こうした医師によるアルバイト希望者も増えています。

大学病院の医局で勤務する場合、おおよそ年収が、20代〜30代まで、300万円もしくは、500万円前後という医師が多いですから、やはり医師といえども、その収入差は、大きいようです。 例えば医局等へ勤務し、講師となる場合は、700万円代となり、助教授クラスになると、その年収は800万円代になりますが、いずれにしても医局勤務の医師の平均は、全国の医師の年収平均に劣るという事が考えられます。

医局勤務を希望する場合、教授になり、ようやく医師の年収における平均に突入という事から、医局自体、医師の収入としては低め傾向である事は確かなようです。 これが、市中病院等へ勤務する事となると、医局で300万〜600万円の収入というものとは異なり、800万円前後となりえますから、収入面だけで見ると、医局より市中病院を選択すべきと考えますし、市中病院へ勤務される場合、勤続5年もしくは、10年となればその年収は全国収入の平均に達しますから、医師として待遇を考えた就職を果たすなら、医局は、やはり低め傾向である事は間違えありません。

つまり医師の収入を考えると、初めの時点から収入が高い傾向にあると言えるのが、医局ではなく、市中病院等で、部長クラスになると、それ以上に高くなり、上に行くほど年収2000万円も夢ではないという事になります。 医師の職業は、年収がすべてではないですが、年収の傾向として、医局で働く医師というものは、非常に収入面で、低いものという事は確かです。

もちろん、病院といえども、その病院の規模により、その内容は大きく異なるとは思いますが、普通に考えて年収が高めというのは、やはり病院が考えられ、医局に勤務する場合は、やはり収入が低く、それにより転職を果たす方がいるというのも頷けます。 そもそも、大学病院の研修医等が収入以外にも不満が多く、実際研修医は雑用が多く、尚且つ収入面も低となりますから、不満が多いのも理解できます。

研修医となれば、昔なら、収入が無いとまで言われていましたが、実際は、おおよそ年収が300万円程度なりますが、研修医を考えると、市中の病院の研修医は、臨床研修制度が変更したことにより人気は高め傾向であると言われています。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 抜け毛の予防・対策 総合情報. All Rights Reserved.