悪い薬剤師

良い薬剤師とは、本来、患者さんに出された処方箋等にも『なぜ、この薬を選んだのか?』という部分をきちんと見極める事ができる、尚且つ、患者さんにただ、薬を渡すのではなく、健康上の確認、他に飲まれているや薬が無いか?という事、病気における症状等、すべてにおける患者さんの様子に対し、適切な薬なのかをきちんと見極めたうえで、薬の用法、用量をお伝えし、その治療薬により患者さんの病気、症状が回復するように、サポートしていく事ができる、というのが、良い薬剤師といえるのです。

では、逆に悪い薬剤師とは、どんな薬剤師なのか?

要するに、この良い薬剤師の反対の人間像、薬剤師像になるわけですが、例えば、処方箋を患者さんが薬局へもっていく、薬剤師は、その処方箋通りに薬を作る、これは、良い薬剤師か?悪い薬剤師か?というと、これは悪い薬剤師となります。

何故なら、医師の処方箋にもしかすると誤りがある場合もある。 もちろん、それを気づき、患者さんの健康を守れるのは、薬剤師ですから、この場合、処方箋に基づき薬を作る前に、その処方が正しいものなのか?という部分をしっかりと確認し、何か『おかしい』という部分は、『疑義照会』し、その疑問を取り除き、改めて調合する。 こうした流れで、薬を作る薬剤師が本来、良い薬剤師ですし、調剤後も誤りが無いかをきちんと確認した上で、患者さんへ薬を渡すのが、良い薬剤師となりますので、何もせず、何も確認もしない薬剤師は、悪い薬剤師としか、いえません。

この『疑義照会』及び『監査』は、薬剤師における役割として、非常に重要な役目とも言えますので、この作業を行わない薬剤師は、薬を単に作るだけの薬剤師とは呼べない、偽の薬剤師とも言えます。 これは、少し言いすぎかもしれませんが、薬剤師は、医師とは異なり、患者さんへ直接治療を行うわけではありませんが、薬のミスを犯すことにより、確実に人命に害を及ぼす可能性が大という責任の重さもあるので、確認、疑いという気持ちを持ち、調剤を行う事は、当然の事なのです。

それらをする事により、確実に私たちの健康を守る事となり、実際調剤ミスにより命を落とすという事件も起こっていますから、薬剤師はそれだけ重大な責任のある仕事をしている、その仕事における責任の重さをしっかりと自覚し、薬剤師業務に取り組んでいただきたいと思います。 いずれにせよ、驕る、事により、何らかの失敗を起こしうるので、今自身が持つ事となる薬剤師という資格に驕りなく薬剤師業務を行う薬剤師こそが、良い薬剤師ではないでしょうか。あと一番人気のマツキヨの薬剤師求人はコチラです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2017 抜け毛の予防・対策 総合情報. All Rights Reserved.